ロービジョンとは


世界保健機関(WHO)は、両眼に矯正眼鏡を装用して視力を測り、視力0.05以上0.3未満をロービジョンと定義しています。日本においては、いまだハッキリとした定義はありませんが、本来的には視覚が健常者に比べて低下しているが、視覚活用の可能性が残っている状態をロービジョンと考えています。
眼は外界からの情報収集の最前線にあり、約80%以上の情報が眼を通して集められるといわれています。日常生活において、眼は読み書きするためにのみ用いられるのではなく、歩行行動や、事務所、学校、家庭などあらゆる場所で情報を集めるために使われます。
読み書きなどの場合には視力が重要な役割を果たしますが、通勤、通学などの歩行行動に際しては、視野が欠損せずに残っているかどうかが重要で、いかに視力が良くても視野狭窄があると歩行に問題をきたし、さらに夜間に物が見えにくくなるなどの問題を抱えることになります。
そのためロービジョンの定義として、視力だけで規定することは問題であり、日常生活における困難性などを含めて定義するのが一般的です。とくに視野は日常生活において非常に重要な役割を果たしており、患者さんの主訴の中には視野に関するものが多いのも事実です。
日本には約30万人の身体障害者手帳を交付された視覚障害者がいます。ロービジョン者の総数は、視覚障害者と認定されなくとも、視覚的に日常生活に困難をきたせばロービジョン者と考えられます。このような基準で考えると、日本には約100万人のロービジョン者がいると日本眼科医会は推定しています。
これらのロービジョン者に対して眼科医は、残っている視覚を最大限に活用し、日常生活の困難性を軽減させる努力を行ってきました。これがロービジョンクリニックです。


視力が低下したから字が読めない、視野が狭くなったから歩行に困難をきたすのはやむを得ないという消極的な医療ではなく、残された視機能を最大限に活用し、読めない字も補助具を使うことにより読めるようにし、歩行や日常生活における困難に対してもいろいろのアイデアを活用して、生活の質を高めるという積極的な医療を行う努力をする、これがロービジョンクリニックです。




トップページに戻る